私たちのぶどう園で大きな発見 2019年2月5日

私たちの研究開発プロジェクトでは古いぶどうの木と品種を救うことが重要な部分となっています。そして、私たちのワインメーカーチームの絶え間ない仕事とアドバイザーの支援のお陰で、一つの大きな発見をしました。その時まで世界の農場から消滅し、ヨーロッパの収集としてだけ存在している品種がトティウエの私たちのセンテナリオ農場で見つかりました。そのぶどうの木はショードフォンで、世界で3本だけ、すべてフランスに存在していた赤ワインの品種です。

この発見は有名なフランス人のぶどう学者ジャン-ミチェル・ブルシクオットによるもので、彼は私たちがそれまで特定していなかった品種を分析しました。私たちのぶどう園での彼の発見はこの救済プロジェクトがサンタ・カロリーナにとってだけでなく、世界のぶどう栽培・ワイン醸造にとっても重要であることを示しています。 今日、この品種は私たちのブロケ・エレンシアで繁殖されており、可能性を評価し、数年後に醸造するかどうかを検討します。

Menu