カサブランカ・ヴァレー

サンティアゴと第五州を結ぶ幹線道路に位置するヴァレー。そこでのブドウ栽培、ワイン醸造の活動は70年代の終わりに始まり、最も急成長したヴァレーの一つです。海に近いことから、土壌は平均摂氏15度の 沿岸の風を十分に受けます。このヴァレーの特徴は、シャルドネ、ソーヴィニヨン ブラン、ゲヴュルツトラミネールのような白ワインの品種とピノ ノワールのような寒い気候の赤ワインの品種の生産です。

このブドウ園ではレセルヴァ ファミリア、グラン レセルヴァ、そしてレセルヴァシリーズの商品のためのシャルドネが栽培されます。また、レセルヴァシリーズのピノ ノワールもこのヴァレーから生まれます。

Menu