マイポ・ヴァレー

マイポ・ヴァレーはアンデス山脈と海岸山脈の二つの山脈の間にあります。チリの首都のサンティアゴは理想的な気候を持つこのヴァレーの真っ只中にあり、夏は乾燥して暑く、冬は温暖で適度に雨が降ります。海抜650メートル(2133フィート)以上の アルトマイポ地区はアンデス山脈の山麓地帯にあり、山の気候の影響を強く受けます。昼夜の大きな気温差により、豊富な色の、ストラクチャーのよいタンニンを有する複雑なワインが造られます。

ロス・ノガレス農園はこの地区で最も古いブドウ園の一つであり、栽培される主なる品種はカベルネ ソーヴィニヨンとシラーです。ここで収穫されるブドウはグラン レセルヴァ カベルネ ソーヴィニヨン、レセルヴァ ファミリア カベルネ ソーヴィニヨンの生産に使われます。

Menu