マウレ・ヴァレー

このヴァレーはサンティアゴの南、250キロメートルのところに位置し、チリの第7州にあるカウケネスまで広がっています。その主なる特徴の一つはミクロ気候の存在であり、4月から10月までの降雨が集中する期間と11月から3月までの乾燥期間があります。土壌は、浅くて浸透性が遅い、細かい粘土質です。

これらの条件が一体となって、カウケネス(マウレ・ヴァレーの一生産地区)のスペシャリティーズ ドライ ファーミング カリニャンのように、ヴァラエタルの特徴と凝縮したバランスよい赤ワイン用ぶどうをつくることが 可能となりました。

Menu